NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  山形県山形市で内装関係の仕事をしている夫が1ヶ月前の6月7日に自宅を出たまま戻りません。その日はいつもと同じように、仕事へ行くような格好(トレーナー・Tシャツ・Gパン・デイパック)で、早朝、軽自動車に乗り自宅を出て現場に向かったのですが、昼頃、仕事の同僚から現場に来ていないと連絡が入りました。
その後、3日経っても連絡もなく、心配のあまり地元の○○警察に届け出しようと考えていた時、所沢の消印で「もう、帰れない」という内容の手紙が届きました。
これまで、仕事を休むことは一度もなく真面目な人であり、なにかの事件に捲き込まれたのかもしれません。心配で眠れない日が続いています。この先私はどうすればよいのでしょうか?
山形県 主婦
 
A1.カウンセラー
ご家族の方(奥様)へはまず、ご自身を見失わないように、手助けしたいと思います。
それには、無理のない程度で、奥様がご自身の置かれた状況を受け入れ、正しく判断することに重点をおいたカウンセリングをします。
そして、次に何を求めるかを奥様の内面に問い掛けながら、時間の経過の中で膨らんでいく不安の緩和と、徐々にご自分を強く持てるように考えていきます。
さて、当初のショックから少し立ち直ってきますと、やはり奥様としては、ご主人をお探しになるのではないでしょうか?
(この仮説の上で、以下のお話を進めさせていただきます。)
次のステップに気持ちが動いた時に、また前の状況に戻らないためにも、最初にお話しておきたいことは、「すぐに見つからなくても、自分のせいではありませんよ。」
「今の状況もあなたが招いたことではありませんよ。」
ということです。
このことを自分の心で受け止めることができるようになるまでの間、不安で息が苦しい、夜眠れない、震えなどの症状が身体に出てくることもあるかもしれません。
その場合は、意識を症状に向けさせないよう、その人に応じた効果的な方法で、気を楽にしていきます。
具体的には、どんな時に苦しくなったか、日記をつけてもらうかもしれません。
その日記の中で、自分を苦しめる項目があったら、その原因を取り除いていきます。
カウンセリングはその人の訴え(言葉)だけでなく、しぐさや目線などの体全体の訴え(身体言語)を見るものです。
いくら、「大丈夫です。頑張ってみます。」と、本人が話していても、手が震えていたり、目が潤みながらでは、全然大丈夫ではありません。
人は、誰にでも意識レベルで、「(このケースでは妻として、母として)こうしなければ」という気持ちがあります。
それも正直な気持ちですが、心の奥底で無意識に感じていることに全く耳を傾けないでいると、押し隠したままの不安や恐れがいずれ爆発して、日常生活を脅かしてしまいます。
ですから、相談者に絶えず、そして繰り返し伝えたいのは、
「すぐに見つからなくても、自分のせいではありませんよ。」
「今の状況もあなたが招いたことではありませんよ。」
ということです。
そんな相談者には、「今のあなたは充分がんばっていますね。」
と声をかけたくなると思います。

A2.コーチ
心中お察し致します。
約2ヶ月が経過しましたが、今、起っていることが、現実か夢かと分からない状態で過ごされたのではないでしょうか…。
現在は、精神的に少し落ち着かれたのでしょうか?
今、できること、やらなければならないこと、捜索願を出すとか、探偵社にお願いするとか、必要なことは多くあると思います。
ただ、この文章からはあなた自身もお仕事をお持ちなのか、お子様はいらっしゃるのか、そういったバックグラウンドが掴めませんので、私から「こうすべきだ」というようなアドバイスはできません。
いま現在、ご主人を探すということで、何ができるのか(緊急で危機的な状況なども考えられますので)、何をやらなければならないのか、誰にお願いするのか、といったことを私と一緒に考えましょう。
そして、少し落ち着いて、気持ちに余裕が出てきたら、あなたが今後どうしたいのか、どう生きていきたいのかを、考えていただきたいなと思います。これは現在の時点では少し難しいかもしれません。
起ったことは起ったこととして、とりあえずは受け容れましょう。
決して、あれこれ、原因を考えてご自分を責めないで下さい。
原因は、思い当たるかもしれませんが、それはご主人にしか分からない事では?まじめな方ということですので、お一人で、いろいろ悩んではいらっしゃったとは思いますが……。
ご自分を大切にして下さい。(私からのお願いですが、毎日、自分を大切にすることを一つやってみて下さい、例えば、お茶をゆっくり飲むとか、ゆっくりお風呂に入るとか、そんなこと、やっている場合じゃないとおっしゃるかもしれませんが…)今までの生活を継続しながら、ご主人を探しましょう。
そして、気持ちに余裕がでてきたら、あなた自身の今後の事をご一緒に考えていきましょう。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.