NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  12月4日の夜、埼玉県岩槻市諏訪に住む78歳の母が行方不明になりました。母は、うつ病です。痴呆はみられません。
その日の夕方は、私が母の家に電話して話しています。普通でした。
その後、夜7時に母から私の家に電話があったのですが、私が代わる前に切れてしまいました。かけなおせばよかったのですが、そのままでした。
そしてまた夜10時に無言の電話がありました。
同居している兄が10時半に帰宅したとき、いなかったということです。
いつになく部屋が片付いており、書置きなどはありません。
母は3年くらい前、ウツがひどかったとき一度近所の土手まで行って川に入ろうとして、踏みとどまり帰ってきたことがあります。
今、家族のものは、またその川に行ったのではと、心配しています。
河岸、土手探しました。
今日(12/9)の夜がきて、5日たちます。
もし、川に入っていたとしたら、もう浮かび上がっていますよね。
浮かんでいたら、その川(埼玉県岩槻市の元荒川)の周辺は犬の散歩や釣り人が多いので、すぐに通報が入ると思います。
川を下流に向けて全部くまなくボートか何かで下って見ていくだけでもやりたいのですが、素人ですし、歩いて見てるだけでは、見える部分と見れない部分があります。
また、川以外の場所・・といっても、まったく検討がつきません。
公園、神社、父の墓、その他探せるところは探しました。
ビラもタクシー会社やスーパー、駅などに配りました。
母は、財布?印鑑・通帳?保険証の入ったバックを持っているはずです。それは生きる意志があるというよりも、過度の被害妄想があり、「隣の住人が盗む」とありもしないことを本気で思っていた人です。なので、置いて行って他人に盗られるよりは、自分で持っていこうという気持ちなのではと考えています。
うつ病になってからは、人ごみ、にぎわっている場所などに行くのを非常に嫌っていました。健康ランドなどに行くのは考えられません。もし死ぬのをとどまったら、また歩いて家に帰ると思うのです。親戚その他も全て確認いたしました。
どこかで交通事故などにあえば、すぐに身元がわかるようになっています。
警察その他は、よくある老人の徘徊で、ケロッとした顔で戻ってくるかもといいますが、痴呆はないし、普段も自分から外へ出ることなんて全くなく、家を出るのを嫌がっていたくらいです。
後は連絡を待つのみなのでしょうか。
他にできることはないのでしょうか。
車にひかれて、どこか草むらへ飛んでいったままだとか、
悪い人で死体をどこかに埋められてしまったのではとか、
または、もしかしたら、この寒空の下、どこかで動けない状態になり、今もまだ息をしていたら・・などと考えるといてもたってもいられません。
どうか、どんなことでもよいので、何かアドバイスを。
角田 さん
 
A1.銀行マン
さぞご心配のことと思います。
気になりますのは、お母さんが通帳や印鑑、保険証など非常に大事なものをもって出ているということです。
まず、通帳の金銭の出し入れを調べることが必要でしょう。
明細の利用状況から利用した場所の特定ができますし、場合によってはそこに行けば有力な情報が得られるかもしれません。
ただしこれは金融機関の協力が不可欠ですのでよく相談してください。
次に、医療機関を調べる必要があるでしょう。
お母さんはお年ですので医療機関に行くケースが考えられます。保険証を使っているのであれば、医療機関の所在地から判明につながる可能性があります。
うつ病の治療をされていたのなら、その先生に最近の様子を聞いてみることも大事です。
それから、加入電話の利用明細から最近の発信先や着信の状況も調べてください。発信先や着信の相手を判明させることによって、行き先や原因や目的などがわかる可能性があります。
警察へは届出をされていますが、近況の報告をかねて何度か訪問してください。相談にのってくれると思います。
最後に、必ず見つかるという希望と、必ず見つけるという決意をもつことがとても大切なことと思います。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.