NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  山形県山形市で内装関係の仕事をしている夫が1ヶ月前の6月7日に自宅を出たまま戻りません。
その日はいつもと同じように、仕事へ行くような格好(トレーナー・Tシャツ・Gパン・デイパック)で、早朝、軽自動車に乗り自宅を出て現場に向かったのですが、昼頃、仕事の同僚から現場に来ていないと連絡が入りました。
その後、3日経っても連絡もなく、心配のあまり地元の○○警察に届け出しようと考えていた時、所沢の消印で「もう、帰れない」という内容の手紙が届きました。
これまで、仕事を休むことは一度もなく真面目な人であり、なにかの事件に捲き込まれたのかもしれません。心配で眠れない日が続いています。この先私はどうすればよいのでしょうか?
山形県 主婦
 
A1.調査スタッフ
このケースの場合、家出人に自殺の恐れがあったり、事件に巻き込まれている可能性も多少考えられますので、早期発見、保護することが先決です。
まずは警察へ「家出人捜索願」を届け出すことをお薦めします。警察では家出人を早期発見するために、捜索願を受けたすべての家出人について、警察本部にコンピュ−タ登録します。特に、家出の原因等から判断して、自殺のおそれや事件・事故に巻き込まれているおそれのある家出人などは、コンピュ−タ−登録以外にも個別に捜査の手配を行ないます。
家出人捜索願が出ていても、成人している家出人で健康状態も良く、事件・事故に関係なく、自らの意思で行動していることが確認された場合などは、家出人本人の意思に反してまでは保護することはできないのが現状です(民事不介入の原則)。しかしこうしたケースであっても警察が発見した場合、捜している側の家族に連絡が入り、家出人本人に家族に連絡をするように伝えるか、家族が到着するまで警察署または交番にいるように説得をしてくれるはずです。
仮に、家出人が警察官の説得に従わず、その場から立ち去ってしまったとしても、その時の場所、状態、状況等を教えてもらえ、今後の調査に有力な情報となります。
警察が率先して、家出人を捜してくれることは期待できませんが、家出人捜索願を出してマイナスになることは少ないので、いざという時の為にも届け出をした方がベターであることは確かです。
次に、家出人から自宅へ入れられる連絡(着信)に、大きな手掛かりを残していることがあります。従って、その番号を控えておくことをお薦めします。
着信した相手先の電話番号を知るには、かかってきた電話番号の10件以上の記録を残すことができるNTTの「ナンバーディスプレイ」サービスが有名です。しかし、このサービスを利用するには登録の必要があり、ナンバーディスプレイ機能付き電話機の購入が条件となります。
そこで、なんの申込みもされていない場合は「ナンバーアナウンス」というサービスで対応してみて下さい。このサービスは受話器を上げて数字の「1・3・6」を発信すれば最後に着信した電話番号が何番であったかを自動音声で知らせてくれます(番号を聞くには1回30円の料金がかかります)。また、事前に「ナンバーアナウンス」へ加入している場合は最大5件までの案内が可能となります。
なお、「ナンバーディスプレイ」「ナンバーアナウンス」どちらのサービスも、電話の相手が番号を通知して発信している場合にのみ有効となります。
失踪者と同じように、捜す側も体力・神経を消費します。「無理せず、できることを」これを私のアドバイスさせて貰います。

A2.行政書士
家人が失踪した場合には、警察への家出人捜索願の届け出が先決と思われます。
まじめなご主人が突然失踪してしまったとのことですので、事件・事故に巻き込まれた可能性がありますから、警察への家出人捜索願の届け出が必要です。
また、費用がかかりますが専門の調査会社に依頼する事も、場合によっては必要になるかも知れません。
その後、ご主人が無事発見された場合には、失踪を責めるのではなく、なぜ失踪したのかを聴き出す必要があります。(失踪理由を聴き出す場合も、失踪した事を責めるような聴き方は避けてください。)
失踪理由が明確になれば、対応策についてのアドバイスを受け易くなりますし、相談を受けた側もアドバイスし易くなります。
とにかく今しなければならないのは、ご主人を無事探し出す事です。
警察へ家出人捜索願を早急に提出しましょう。

A3.社会保険労務士
ナンバーディスプレイ(アナウンス)は私もよいと思います。
こういう状態ですから、出損ねた電話が単なるセールスだったとしても、「ひょっとしたら」と、よけいな心配をして気負ってしまうかもしれません。私は自宅でも事務所でもナンバーディスプレイを使っておりますが、誰から何時に電話があったかわかりますし、留守電にメッセージが残されていない場合でも、ある程度の推測ができると思います。
さて「労災の対象」「解雇の問題」という角度からもアドバイスをさせていただきます。
まずは、労災の対象かどうかですが、失踪の場合は対象になりません。
でも、縁起でもない話ですが失踪後に自殺の場合は対象になることもあります。しかしながら、対象になるには仕事で大変重責を負って悩んでいたとか残業がここ数ヶ月毎日深夜まで及んでいたとかの会社の瑕疵行為が証明できなければならないので大変難しいと思います。
また、次の解雇についてですが、当然の事ながら、このまま見つからないのであれば解雇されてしまうと思います。
しかしながら、中小企業の場合、ご家族が前もって経営者側にこの状況をよく理解してもらい、見つかった場合に速やかに職場復帰させてもらうように根回ししておくことは出来るかもしれません。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.