NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  姪が3月から家出をしました。
1週間ほど前まで、携帯の着信許否状態でしたが、電波のつながらないところにいるか電源が入っていないというメッセージになりました。
死んでいるのではと家族が心配しています。
姉は、警察に届けたようですが、そんな人間はざらにいて探してはもらえないようです。
もし、なにかがあれば警察の対応についてひどく問題にするつもりです。
姪は、大学を1年留年し今年こそと思っていましたが、進学できないようで、悩んでいたようです。家庭間では全くその様子はみせなく、親もまさか前日まで一緒にごはんをたべていて、その様子は全く見えなかったようです。
きちっと置手紙はおいていっているようなので、両親もしばらく様子をみているつもりでいたようです。
しかし、家を出て9ヶ月消息が無いのはおかしいと思いますが、どのようにさがしたらいいのかこまっています。
よろしくご指導のほどお願いいたします。
梶原久美子 さん
 
A1.事務局
さぞご心配のことと思います。
まず、ご本人の部屋をよく調べてみてください。家出人の多くは、居住していた部屋などの生活空間に家出の原因や行き先を示すメッセージを残します。これらは家族に宛てた置手紙とは別のもので、本人が意図せず、無意識のうちに残してしまったものであり、重要な手掛りが隠されている場合があります。
また、本人が持ち出ししているものを調べる必要があります。たとえば財布、預金通帳、印鑑、キャッシュカード、クレジットカード、携帯電話など、足取りをつかむにあたり重要な情報を引き出すカギになります。
いろいろな方法があると思いますが、まず、身近なところから行動してください。
家出人を捜索するには大変な忍耐力が必要です。頑張ってください。
今後もご相談をお待ちします。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.