NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  妻は先日、父を亡くし、母親は分裂病で長期入院中です。
義弟は20年前、家出(なかば勘当)したまま日雇い労働で暮らしているようです。
父がこわいため家にも全く近寄らず、一緒に暮らしていたときですら仕事を毎週のように変え、全くだらしない生活をしていました。
2〜3年前、尼崎北署から自転車の使用窃盗で姉の立会いで許してもらったのですが、その日暮しで、小遣いを渡して別れたそうです。
老いた両親に会うよう求めても関心を示さないようです。
こちらからは一切居所がわからず、父の死も知らせられず、遺産をわたすにも連絡できません。
全く手がかりのない場合でも探す手段はあるものでしょうか?
石川 潔 さん
 
A1.事務局
全く手がかりがない状態であれば、一足飛びに捜すのは不可能に近い事なので、まずは、「なにか手がかりはないか」という事から始めなければならないと思います。
気になりますのは、自転車の件です。尼崎北署は義弟さんに事情聴取をしていると思われます。当時の状況を尼崎北署に聞いてみてはいかがでしょうか。義弟さんの当時の生活状況が判断できると思います。
既に尼崎周辺には居ないかも知れませんが、当時の生活状況を知る事によって捜す場所を特定したりすることができると思われます。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.