NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  父の1番下の弟なのですが、横浜で一人暮らしをしていたのですが、連絡が途絶えてしまい25年ほど経ってしましました。
祖母がもう高齢なので、探して、あわせてあげたいのですが、もし生きていなかったら・・・と考えるとこのままでいいのだろうかとも思ってしまいます。
いなくなったとわかってから、父が当時住んでいたアパートに行ったりしたのですが、もぬけのカラだったそうです。
住民票も、もうないそうで、警察に探してもらってもわかりませんでした。
新井秀美 さん
 
A1.事務局
25年という歳月はちょっと長すぎますね。
当時の状況を知る人もあまりいらっしゃらないでしょう。
当然、叔父さまは、その間それなりの生活をされていたでしょうし、どなたかと一緒に住んでおられることでしょう。
ただ、このようなケースは、なかなか捜し出すことはむずかしいと思います。
全くといっていいほど手掛りがありませんし、情報を得る手立てが見つかりません。
なお、当協会のホームページ上で公開捜査をされてもいいかと思います。ご家族で一度話し合ってください。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.