NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  4月23日午前1時半頃、勤め先から突然姿をくらましました。
2週間ほど過密で寝不足状態だったそうです。所持金は先生のお金を、20〜30万くらい持ってると思われます。
アパートには同居人がおりますが、知人ではなく、先生を介しての同居人で、ミュージシャンで、同居して一年になります。
2月、3月と所持金が無くなる事があり、同居人には用心し、転居を勧め、本人もアパートに帰るのをためらっておりました。3月26日夜10時半頃、15万預かったのに、翌日、目覚めると10万しかないとメールしてきたので、電話で聞くと、「何度数えても5万足りないけど、先生には言えないし」と困っておりました。その日のうちに旅行用のウェストポーチを送り、お金を肌身離さず持つ様に注意し、4月4日の夜に会った時には、その姿を見せて安心させてくれてました。
頼み事を断れない性格で、同居人に4月9日に借金を申し込まれ、貯金をおろしていいか、と電話をしてきました。彼の給料日が翌日だというので、「貸す必要は無い」、「絶対貸すな」、「今夜はアパートに帰るな」と言いました。
きつい仕事でも嫌な顔を見せず、どんなに疲れても、仕事は頑張ってたようで、先生には寝不足かも、という印象しかないようです。
息子と最近話した彼女によると、元気がないので、「疲れてるの?」と言ったら、「電話で分かるようではダメだ」と自分を責めていたそうです。3月以降のメールのやりとりで、「自分の身は自分で守るんだね」と言っていました。
3月23日の午後1時までは、携帯が受信してたそうですが、2時半には解約されておりました。失踪は2年程前にもあり、無一文で携帯も置いてアパートから居なくなり、横浜の会社の管理室に寝こんでいるのを保護されました。
警察には捜索願を出しています。素直で、誰からも慕われ、愚痴を言う事も無く、いつもにこにこしている、非常に外面の良いこどもです。4月23日朝9時ごろ、同居人がアパートに一時姿を見せた、と言いました。25日に同居人の彼女が新宿で息子に出会い、皆が心配してると言ったら、連絡すると言ったそうですが、いまだに何処にも連絡がありません。事務所、アパートの鍵が、事務所のポストに入っているのを、26日に見つけましたが、失踪直前に置いたのか、失踪後に置いてったのかは不明です。事務所に勤めるまでは、お金には厳しい息子でしたが、先生によると、昨年後半から、先生のお金、20万を二回使ってしまったそうです。何に使ったのか、先生にも皆目見当が付かないと言われました。お小遣いが足りない時の為に、郵便貯金を常に5万円置いときますが、いまだに動きはありません。
若林博子 さん
 
A1.元警察官
お母さんには少し厳しいお話になるかも知れませんが、意見を述べさせていただきます。
一般的に、失踪の原因となるものは、人間関係のもつれ、異性問題や金銭問題が主です。
息子さんの場合、同居人との人間関係と金銭問題が絡んだものと考えられますが、ここで大切な事は、息子さんからの情報はすべて本当のことだと頭から信用してはいけないという事です。
母親として、我が子を信じたい気持ちは、当然のことと理解はできますが、子供は親に嘘をつくという現実も十分に考えておく必要があります。
断定はできませんが、お母さんに同居人の印象を悪く伝え、金銭問題を同居人の仕業にしていることも考えられなくはありません。
金銭問題では、消費者金融やうら金融からの借財が考えられ、その返済に困窮し、失踪するというパターンが大半です。先ずは息子さんの借財がどのくらい有るか確認調査が必要と感じます。それがハッキリすれば息子さんの問題解決の糸口になるように思います。
もし、息子さんに借財があれば、その使い道が気になります。
一般的にはギャンブルと異性です。
息子さんの生活状況を友人関係、職場関係の人たちに取材し、行動範囲、交友関係を明確にすることが大切なことと思います。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.