NPO MPS JAPAN Missing Person Search Support Association of Japan 日本行方不明者捜索支援協会 HOMEに戻る
論文・情報 限界集落・独居老人問題
高齢者からの伝言 消費者保護活動
MP-リスト MPS掲示板 行方不明者ダイアリー 行方不明者家族ダイアリー FAQ(よくある質問)
プロフィール | 推薦文 | 専門家からのアドバイス | リンク | 協賛・協力企業一覧 | ボランティア募集 | お問い合わせ |
  H16年6日5日午前1時頃、父にメールがありました。
以前も家出はした事がありましたが、今回は、もうだめかもしれません。パソコンに父宛のメッセージが6個のファイルに分けられていて、その中の1つには遺言書もありました。
父の心配をしていたようで、テーブルの上に通帳と年金型保険の契約書まであり、保険金も一括で支払われていました。
車で消えてしまったので、遠くに行っているかもしれません。
捜索願は出しましたが、何かあってから見つかっても仕方がないです。母が最後に30年間ありがとう、さようなら。とメールをして来たのを見て、父はただ泣いているだけでした。母は独身の時に自殺未遂(睡眠薬)をしています。その事もあって最悪の事しか考えられません。
弘明 さん
 
A1.MPS事務局
ご相談の内容では、かなり厳しい状況のようですね。
ご心痛のほどお察し致します。

お母さんが、家を出られた理由はお分かりなんですか。
ただ連絡を待つだけではなく、家族みんなが出来るかぎり協力して捜そうと努力することが必要ではないですか。
諦めないで、いろいろ相談して行動して下さい。
お母さんの所持品、所持金はどうでしょう。
預金等の金銭の出し入れを確認してください。
お母さんの行きそうな場所、過去に行った思い出の場所、
好きな場所ある程度場所を選定し、ホテル・旅館・簡易宿泊所等、
宿泊先の確認をしてみて下さい。
車の所在
車を一定の場所に放置しておくと、通行人や地域住民等からの
通報で、警察から何らかの連絡が入る場合があります。

当協会としても出きる限り協力をさせていただきます。
専門家からのアドバイスへ戻る
(c) Copyright 2003 Missing Person Search Support Association of Japan. All rights reserved.